江戸っ子1号

江戸っ子1号

(サイエンス)
えどっこいちごう

東京・下町の町工場などが共同開発した無人深海探査機。
2013年11月21日、調査研究船「かいよう」に積まれて神奈川県横須賀市から出航。
8千メートルの深海に潜り、海底生物を撮影し、泥を採取する予定。
東京のゴム製造会社社長・杉野行雄が、大阪の中小企業が開発にかかわった人工衛星「まいど1号」に触発され、「大阪が宇宙なら東京は深海で」と、都内や千葉県の中小企業に呼びかけたことで生まれた。

江戸っ子1号

ネットの話題: 江戸っ子1号

人気

新着