スマートフォン用の表示で見る

江戸切子

アート

江戸切子

えどきりこ

日本のカットグラス工芸技法及びその作品群

江戸切子は、 1834年天保5年)江戸伝馬町の、びどろ屋 加賀屋九兵衛が、金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻をすることを工夫したのが、今日に伝わる「江戸切子」の始まりとされる。

模様は魚子(なまこ)模様、籠目・麻の葉・菊・格子切子などが単独、もしくは組合わせ模様として用いられる。

素材は透明なガラスと色被硝子でも色を薄く被せたものとがある。カットは深く鮮明で正確であり仕上がりがはっきりとして華やかである。基本色は青、もしくは赤の二色。