スマートフォン用の表示で見る

江戸木純

映画

江戸木純

えどきじゅん

映画評論家、映画プロデューサー1962年東京都生まれ。本名・古谷文雄。

ペンネームの由来は、『プラン9フロム・アウタースペース』等の映画監督エドワード・D・ウッド・ジュニア(エド・ウッド)のもじり。

1962年生まれ。映画会社勤務などを経て、映画評論家に。「江戸木純」の名で執筆活動を開始する。「ムトゥ 踊るマハラジャ」を発掘し、日本でインド映画ブームを巻き起こした後、98年末に、妻の川崎のり子?さんと、映画配給・製作会社の有限会社エデンを設立スウェーデン映画の「ロッタちゃん」シリーズ、米映画の「処刑人」を配給、日中合作の「王様の漢方」をプロデュースするなど、評論家の枠を超える多彩な活動を展開している。

脚本、プロデュースを行ったリメイク版『丹下左膳百万両の壺』の後は、評論家に専念しているようだ。