スマートフォン用の表示で見る

江戸六地蔵

一般

江戸六地蔵

えどろくじぞう

 宝永三年(1706)、江戸深川住の地蔵坊正元は、

不治の病を地蔵菩薩に祈願し平癒したことから、

京都に倣った六地蔵の造立の願を発した。

 街道筋、江戸市中六ヶ所に人々の浄財を集め、

それぞれ一躯づつ神田鍋町の鋳物師太田駿河守藤原正義により

銅造・鍍金地蔵菩薩坐像が鋳造された。

 このうち深川の永代寺のものは明治維新廃仏毀釈で取り壊されたため、

明治の終わりになって上野の浄名院が日露戦争犠牲者の供養をかねて、

新たな地蔵像を新第六番として造立した。



巡拝 第一番

造立 第一番 宝永5年(1708)

寺院 品川

住所 品川区品川3-5-17

街道 東海道




巡拝 第二番

造立 第三番 正徳2年(1712)

寺院 太宗寺

住所 新宿区新宿2-9-2

街道 甲州街道




巡拝 第三番

造立 第四番 正徳4年(1714)

寺院 真性寺

住所 豊島区巣鴨3-21-21

街道 中仙道




巡拝 第四番

造立 第ニ番 宝永7年(1710)

寺院 東禅寺

住所 台東区浅草2-12-13

街道 奥州街道




巡拝 第五番

造立 第五番 享保2年(1717)

寺院 霊巌寺

住所 江東区白河1-3-32

街道 水戸街道





巡拝 旧第六番(廃仏毀釈で消失)

造立 第六番 享保5年(1720)

寺院 永代寺

住所 江東区富岡1-15-1

街道 千葉街道




巡拝 番外

造立 新第六番 明治39年(1906) 

寺院 浄名院 

住所 台東区上野桜木2-6-4

街道 ?