スマートフォン用の表示で見る

江崎道朗

社会

江崎道朗

えさきみちお

昭和37年東京都生まれ。九州大学文学部哲学科卒業後、月刊誌祖国と青年』編集長を経て平成9年から日本会議事務総局に勤務、政策研究を担当する専任研究員。共著に『世界が裁く東京裁判』(ジュピター出版)、日韓共鳴二千年史(明成社上智大学ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞)、『再審南京大虐殺」』(明成社)など。