スマートフォン用の表示で見る

江川英龍

社会

江川英龍

えがわひでたつ

1801年6月23日〜1855年3月4日

江川太郎左衛門英龍。号は坦庵。日本の江戸時代後期の幕臣

日本の海防に強い問題意識を抱き、現在の東京湾品川台場やお台場を作った人物である。また、日本で初めてパン(堅パン)を焼いた人物だとも言われている。