スマートフォン用の表示で見る

江田三郎

社会

江田三郎

えださぶろう

1907年7月29日〜1977年5月22日

日本の政治家岡山県出身。東京商科大学(現在の一橋大学)中退。息子は参議院議長社会民主連合代表、科学技術庁長官などを歴任した江田五月

岡山県議会議員などを経て1950年日本社会党公認で参議院議員初当選し、1951年の左右分裂後は左派社会党に属した。政治家時代は参議院議員2期と衆議院議員5期務めた。1977年社会党を離党し、社会市民連合を結成。初代代表に就任した。1977年6月の参院選出馬の構えを見せたが、公示直前に死去。息子の江田五月が代わりとなって立候補し当選した。