港千尋

読書

港千尋

みなとちひろ

1960年神奈川県藤沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。

ガセイ南米基金を受け、南米各地に滞在の後、パリを拠点に写真家・評論家として活動。現在、多摩美術大学教授。

著作『群集論』(リブロポート)、『考える皮膚』(青土社)、『注視者の日記』(みずず書房)など。

関連語 リスト::写真家