溝畑宏

スポーツ

溝畑宏

みぞはたひろし

2代目の観光庁長官、元自治省官僚、元株式会社大分フットボールクラブ代表取締役兼ゼネラルマネージャー。

1960年8月7日生まれ、京都府出身。父は溝畑茂京都大学名誉教授。

洛星中学校・高等学校東京大学法学部卒業。

1985年自治省入省。

1990年大分県に出向。一度本省に戻った後再び大分県へ。

1994年の大分フットボールクラブ発足時よりクラブ運営に携わる。

1996年、ゼネラルマネージャー就任。

2000年、大分県企画文化部参事、大分トリニータ取締役就任。

2002年、大分県企画文化部長就任。

2004年、大分県参事、大分トリニータ代表取締役就任。

2006年、会社業務に専念するため公務員を退職。

2008年、大分トリニータJリーグカップ優勝。

2009年12月12日、経営破綻に近い状態に陥った責任を取り、皇甫官取締役副社長などとともに引責辞任

2010年、2代目の観光庁長官就任。