スマートフォン用の表示で見る

甲賀三郎

キーワードの候補

2件

読書

甲賀三郎

こうがさぶろう

探偵小説作家(1893年明治26年)10月5日〜1945年昭和20年)2月14日)

本名:春田能為(はるた よしため)

滋賀県出身。東京大工学部卒。

後に農商務省技師となり、大下宇陀児は、その時の同僚だった。

1923年(大正12年)に「真珠塔の秘密」を「新趣味」の懸賞に投じ、一等賞当選。長谷川天渓の選とのこと。

1924年(大正13年)に「琥珀のパイプ」を「新青年」に発表。一躍脚光を浴びるようになる。

1944年(昭和19年)に日本少国民文化協会事務局長に就任し、翌年事務局長として九州に出張する途上で岡山で客死。

本格推理小説の信奉者で、本格・変格という概念を生み出したとされる。


代表作

・「琥珀のパイプ」

・『支倉事件』

・「黄鳥の嘆き」(「二川家殺人事件」) 等

マンガ

甲賀三郎

こうがさぶろう