甲午改革

社会

甲午改革

こうごかいかく

1894年干支で甲午)から1895年にかけて行われた李氏朝鮮の近代化改革。日本の干渉によって成立した金弘集政権の下で、国政事務と宮中事務の分離、科挙の廃止、銀本位制の採用、身分差別の撤廃などの改革が行われた。

内容

  • 中国年号の使用を止め、開国紀年に変更。
  • 宮内府と議政府の分離。
  • 六曹(吏曹、戸曹、礼曹、兵曹、刑曹、工曹)を八衙門(内務、外務、度支(財務)、軍務、法務、学務、工務、農商務)に再編。
  • 科挙の廃止。
  • 封建的身分制の廃止。
  • 奴婢の廃止。
  • 人身売買禁止。
  • 拷問廃止。
  • 罪人連座法廃止。
  • 早婚禁止。
  • 寡婦の再婚を許諾。
  • 財政改革
  • 租税の金納化。
  • 通貨の銀本位制。
  • 度量衡の統一。