スマートフォン用の表示で見る

甲午農民戦争

社会

甲午農民戦争

こうごのうみんせんそう

甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)

1894年朝鮮李朝末、東学の信徒を中心に朝鮮南部で起こった農民の反乱。東学党の乱とも呼ばれる。反封建反侵略を掲げた全羅道の農民蜂起に東学幹部全琫準らが支持し、南部一帯を支配する大反乱となった。李朝政府は鎮圧できず、清国に派兵を要請。日本軍も清国に対抗し、天津条約の居留民保護を口実に出兵。農民の提案を基に和解。処理を巡って日中が対立、日清戦争を誘発する結果を招いた。