スマートフォン用の表示で見る

甲陽線

地理

甲陽線

こうようせん

歴史

阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)が、大正13(1924)年に開業させた路線。大正11(1922)年に、阪急のライバル会社・阪神電気鉄道香櫨園駅から、西宮七園の一つ「苦楽園」までを結ぶ無軌条電車を計画*1したのに対抗して開通させた路線が、甲陽線である。昭和42(1967)年には神戸本線と同様に、架線電圧が600Vから1500Vに引き上げられる。

平成10(1998)年より、ワンマン運転を開始して現在に至る。

*1:正式には、阪神電気鉄道の子会社である「攝津電氣自動車」が計画。のちに計画は挫折している。