スマートフォン用の表示で見る

皇甫嵩

社会

皇甫嵩

こうほすう

中国後漢末期の人物(? - 195年?)。安定郡朝那県の人。字(あざな)は義真(ぎしん)。『後漢書』に立伝されている。

涼州の三明」として知られた度遼将軍の皇甫規?を伯父に持つ。霊帝に招かれ、官歴を重ねた。

184年黄巾の乱が勃発すると、朱儁盧植と共にこれの鎮圧を命ぜられた。皇甫嵩は潁川黄巾軍を率いる波才を計略を用いて破り、さらに盧植董卓が手を焼いていた冀州広宗の張梁率いる黄巾軍本隊を破った(首謀者の張角は乱の最中に病死していた)。張角の墓を暴き遺体を斬首し、さらに張角の弟の張宝の軍も撃破し、乱を平定した。

一時、十常侍の讒言を受けて免職となっていたがすぐに復帰した。涼州方面の反乱軍との戦いで功績を挙げ、同僚の董卓にその功績を妬まれた。

董卓政権を握ると、皇甫嵩の存在を警戒して殺害しようとし、命令を出して中央に召還しようとした。皇甫嵩は部下に反対されたのも聞かずにその命令に応じ、案の定収監されたが、息子が董卓の友人であった縁で許された。皇甫嵩はあくまで従順な態度をとっていたため、董卓も処刑を取りやめた。

董卓の死後、王允の命令を受けてその一族の処刑を実行した。董卓の部下の李傕?らが王允を殺害して政権を握った後も生き延び、三公の太尉?にまで上り詰めた。数年後に病没。

リスト::三国志関連