硬度

キーワードの候補

2件

硬度

こうど

硬度とは、水1000ml中に溶けているカルシウムマグネシウムの量を表わした数値。

硬度(mg/l)=(カルシウムmg/l×2.5)+(マグネシウムmg/l×4)

で計算され、硬度が低いほど「軟かい」、高いほど、「硬い」と表現される。

一般的には、硬度が

  • 0mg/l以上100mg/l未満:軟水
  • 100mg以上〜300mg/l未満:中硬水
  • 300mg/l以上:硬水

と呼ぶ。

なお、WHOによる分類では、

  • 0mg/l以上120mg/l未満:軟水
  • 120mg/l以上:硬水

と定義している。

日本の水のほとんどは、水道水・ナチュラルミネラルウォーターを含めて軟水で、ヨーロッパ北米には硬水が多く存在する。これは大地を形成する地殻物質が異なるためである。天然水は地中にしみ込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧き出している。日本は国土が狭く地層に浸透する時間が短く、ヨーロッパや北米の大陸では地層に接する時間が長いことが、硬水と軟水を生み出す要因のひとつとされている。

物質の硬さを示すもの。

引っかきに対する強さを10種類の代表的鉱物で表すモース硬度?のほか、物体を落としてその反発の大きさで硬さを定量化するショア硬度?、特定の形状の物体を押しつけてその痕の大きさで硬さを定量化するビッカース硬度?やブリネル硬度?などがある。


このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。