紅河

地理

紅河

こうが

(越語・漢字:Sông Hồng / Hồng Hà、滝紅 / 紅河)

インドシナ半島北東部を流れる川。全長 1,200 キロメートル。かつてはソンコイ川(越:Sông Cái/滝𡡇, 母なる川)と呼ばれた。水中に含まれる酸化鉄のため水の色が赤い。中国雲南省から発し南東流とハノイ北西で並行するソンボー川とともに紅河デルタを形成し、トンキン湾に注ぐ。世界的な米の産地で多期作が広く行われ、運河も発達している。