紅世の王

読書

紅世の王

ぐぜのおう

灼眼のシャナにでてくる用語の一つ。

“徒”の中でも、とりわけ強大な力を持つ存在。“王”と縮めて呼ぶこともある。

特に明確な基準があるわけではなく、徒たちの間で“王”であるか否かは決まる。

その存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための“存在の力”も多く必要とする。