スマートフォン用の表示で見る

紅葉山文庫

読書

紅葉山文庫

もみじやまぶんこ

徳川家康江戸城内の紅葉山に設けた富士見亭文庫に端を発し、その後紅葉山文庫と称せられる。明治となってからは蔵書は内閣文庫に納められた。