航空交通管制区

一般

航空交通管制区

こうくうこうつうかんせいく

航空交通管制区とは、航空交通の安全のために地表または水面から200m以上で、国土交通大臣が指定する空域をいい、航空交通管制圏以外の飛行場周辺の空域等が指定される。

日本のほとんど全域が航空交通管制区に覆われており、ここを飛行する航空機に対し、管制を行うなど種々の安全措置が講じられる。