スマートフォン用の表示で見る

荒神口

地理

荒神口

こうじんぐち

室町から江戸にかけて、京都と各方面を結ぶ出入口として設けられた

「京の七口」のひとつ。

現在でも、そのうち荒神口、粟田口、鞍馬口丹波口は地名として残

り、日常的にもよく使われている。荒神口を通る昔の道は、今の河原

町通と交差するので、そのあたりを河原町荒神口と呼んでいるが、そ

の周辺には、東に、鴨川にかかる荒神橋、北に、京都府立医科大学、

西に、鴨泝高等学校、さらには京都御所などがある。