荒正人

読書

荒正人

あらまさと

評論家。1913〜1979 福島県生まれ。

1938年東京帝国大学英文科を卒業後、東京新聞の文芸評論委員として、文芸時評等を執筆する。

1946年同人雑誌「近代文学」の創刊に加わる。

代表作に、「第二の青春」、「夏目漱石研究年表」がある。


また、ミステリSFにも興味を示し、江戸川乱歩賞の選考委員もつとめた。