スマートフォン用の表示で見る

荒川放水路

地理

荒川放水路

あらかわほうすいろ

荒川放水路とは、東京都東部の低地帯を流下する荒川下流部で分水して建設した人工水路。1級河川。

岩淵町の岩淵水門から、江東区江戸川区の区境にある河口の砂町地先までで延長22km、幅員は上流側455m、河口側582m。

1907年、1910年の大洪水を契機として、1911年に着工され、1924年に通水、1930年に完工した。

1965年河川法改正により、現在は荒川本流となり、それまで荒川と呼称していた部分は隅田川が派川(分流)となった。また、それまで隅田川へ合流していた綾瀬川,中川,新川などの河川や水路は,荒川に平行する中川に合流する。