行書

読書

行書

ぎょうしょ

漢字の書体の一つ。隷書や楷書(かいしょ)の点画をくずした書体。後漢の劉徳昇が隷書をくずして速書(はやがき)にしたものに始まると伝える。楷書とも草書ともよく調和し,実用性と芸術性を兼ね備えている。