高松高校 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

香川県立高松高等学校

かがわけんりつたかまつこうとうがっこう

香川県高松市番町三丁目にある県立の高等学校

沿革

1891年、進徳女学校開校。

1893年香川県尋常中学校として開校。進徳女学校香川県高等女学校と改称。

1898年香川県尋常中学校を県立に移管、香川県立高松尋常中学校と改称。

1902年、香川県高等女学校を県立に移管、香川県立高松高等女学校と改称。

1948年学制改革に伴い、香川県立高松高等学校と改称、通信制課程を併置。香川県立高松女子高等学校と改称、定時制課程を併置。

1949年、旧香川県立高松高等学校と旧香川県立高松女子高等学校を統合、香川県立高松高等学校設置。全日制普通科家庭科定時制普通科通信制普通科設置。

1956年家庭科の生徒募集を停止。

1968年、全日制課程に理数科を新設。

1977年、理数科の生徒募集を停止。

2005年、第77回選抜高等学校野球大会21世紀枠で出場。