スマートフォン用の表示で見る

香田誉士史

スポーツ

香田誉士史

こうだよしふみ

アマチュア野球選手・指導者。

右投両打、ポジションは外野手

1971年4月11日生まれ。佐賀県佐賀市出身。

佐賀県立佐賀商業高等学校で1988年、夏の甲子園に出場。

1989年には、春夏連続で出場。本塁打を記録。

卒業後、駒澤大学に進学。

中堅手として、本間満高木浩之らと共に東都大学野球リーグで活躍。

1994年、母校・佐賀商業高校の臨時コーチを務め、夏の甲子園で優勝を果たす。


卒業後の1995年、駒澤大学附属苫小牧高等学校社会科教諭となり、野球部監督に就任。

氷上のグラウンドでの千本ノックやメンタル面のトレーニングなどで話題となる。

2001年、32年ぶりに駒大苫小牧高校を南北海道代表として、夏の甲子園に導く。

2004年、第86回全国高等学校野球選手権大会に出場、北海道代表校として史上初の全国制覇を達成。深紅の優勝旗の「津軽海峡越え」を果たした。

2005年、夏春連覇を目指した第77回選抜高等学校野球大会は2回戦で敗退したが、林裕也、佐々木孝介、松橋拓也らを擁し、第87回全国高等学校野球選手権大会では甲子園連覇及び国民体育大会明治神宮大会も合わせた高校三冠を果たした。同年11月、部長の不祥事により監督を一旦退任。

2006年5月、監督に復帰。夏3連覇を目指して第88回全国高等学校野球選手権大会に出場、田中将大本間篤史らを擁して決勝に進出した。決勝では斎藤佑樹を擁する早稲田実業学校高等部と対戦、延長再試合となる激闘の末に惜しくも3連覇を逃したが、準優勝に輝いた。その後、監督を辞任した。

人指し指を1本だけ立てて「1」という決めポーズで有名。


佐賀商時代・駒大苫小牧時代を通して、多くの主力選手を地元選手で固め、逆転に次ぐ逆転を披露する魅力的な野球がファンを呼び、高校野球ファンに人気を博している。


2008年5月、鶴見大学硬式野球部のコーチに就任。

2012年4月、社会人野球西部ガス硬式野球部のコーチに就任。