香本博

アート

香本博

こうもとひろし

絵画作家 香本博(こうもと ひろし)

1955年 岡山県津山市生まれ、現在、埼玉県秩父市在住

銀座を初め、全国で個展開催中。

(2018年8月現在でで122回となった)

五感インストールした感動やムーブを独学で描いてきた。

油彩も描くが、空や雲の印象が強い絵画は 水彩で描かれることが多い。

水彩系の画材(透明水彩ガッシュアクリル岩絵の具、墨、インキ、他の水溶性画材)を、

自ら見えた印象に近づけるために、互いに混ぜないで、

透明感ある発色で描いている。交響水彩画と本人は呼ぶ。

高専時代に頚椎の持病の悪化などで中退、ブランクを経験した。

その頃から激痛を軽減してくれたのが、果てしなく美しい空や風や雲への感動であり、

そうした命の輝きが、心の底から、五感で絵を描くという動機となった。

空や雲を、単なる背景として描けないのは、そうした経験が影響している。

ホームページ 風と五感絵画作家 香本博 http://www7b.biglobe.ne.jp/~artkomoto/

ほぼ毎日更新ブログ 昨日の階段 必描き傷 http://d.hatena.ne.jp/artkomoto/

 その他 POEM貴方への葉書  明日への狼煙など多数のエッセイ記述あり。

facebook twitter instaglum note pntalest にも情報多数

●個 展を行った主な会場

T-BOX(銀座八重洲)、熊谷守一美術館、表参道ヒルズ、店蔵絹甚(文化財

ジスイズ・アートスペース(北海道)、アートガーデン(岡山県)、

アートデ・アート大阪府)、サーカスサーカス神戸)、宗像志功&柳井道弘記念館(岡山県

木の在る暮らし展(鳥取)、くるくま・サンライズ知念など(沖縄県

アトリエ・ワタナベ(埼玉県)、吉祥寺ギャラリー