高円宮杯U-18プレミアリーグ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ

たかまどのみやはいあんだーえいてぃーんさっかーりーぐぷれみありー

日本サッカー協会が主催する、高校生(U-18)年代のサッカーの全国リーグで、「高円宮杯U-18サッカーリーグ」の最上位リーグ。全国から高校のサッカー部とクラブユースの強豪20チームが参加し、東日本西日本に分かれて2回戦総当りのリーグ戦形式で争われる。


2010年度まで約1ヶ月間の短期で開催されていた「高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会」をリニューアルし、2011年度からは全国を東西各10チームに分けてホーム・アンド・アウェー方式のリーグ戦を4月から12月にかけて行い、12月に東西各リーグの1位同士によるチャンピオンシップ日本一を争う方式となる。大会初年度の参加チームは2010年の「JFAプリンスリーグU-18」の結果により決定した。

東西各リーグの下位2チームは、各地域の「高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ」へ自動降格する。代わって各地域のプリンスリーグの上位チームが参加して行われる「プレミアリーグ参入戦」を勝ち抜いた4チームがプレミアリーグに昇格する。