高遠遥一

マンガ

高遠遥一

たかとおよういち

金田一少年の事件簿に登場する、金田一一の宿敵。自らを『地獄の傀儡師』と名乗り、殺人の手助けをしている。作品では、2回逮捕されているが、脱獄されている。自分の考えた完全犯罪を、金田一一に暴かれた場合、犯人を殺害するという、残虐極まりない性格。

魔術列車殺人事件

  • 高遠遥一が最初に登場した作品。この作品の終盤で捕まるが、脱獄する。

速水麗香誘拐殺人事件

  • この作品の犯人を、自殺に見せかけて殺害した。話の終盤で、明らかになった。

露西亜人形殺人事件

  • 遺産の相続人をかけて、殺人が起こった。珍しく、犯人を殺害しなかった事件。

金田一少年の決死行

  • 金田一一に殺人容疑がかかった。真犯人は、高遠遥一に魅入られた『岩窟王』だった。終盤で、2度目の逮捕となる。

吸血鬼伝説殺人事件

  • 高遠遥一本人は登場していないが、殺人計画を企てた張本人。

オペラ座館・第三の殺人

  • 話の終盤で、脱獄したという報告が出る。

獄門塾殺人事件

  • 極問塾という塾の教師に成り済まし、2人の犯人に、殺人計画を企てた。

黒魔術殺人事件

  • 魔術師として、前半部分のみ登場。ここでも、殺人計画を企てている。

剣持警部の殺人

  • 犯人に、牧師として面会し、殺人計画を企てた。面会シーンのみの登場のため、犯人は殺害していない。

幽霊ホテル殺人事件

  • 明智警視が、ロス市警の頃担当した事件に、ホテルのマジシャンとして登場した。ここでは、魔術列車殺人事件の前の事件なので、殺人は企てていない。