スマートフォン用の表示で見る

高橋英吉

社会

高橋英吉

たかはしえいきち

(1898年2月11日 - 1981年5月14日)

日本の政治家・弁護士衆議院議員(9期)。

1917年日本大学法科に入学する。1920年弁護士試験に合格する。1922年愛媛県八幡浜で法律事務所を開く。1925年には八幡浜町会議員初当選し、1933年には立憲民政党公認で愛媛県議会議員に当選した。1942年、第21回衆議院議員総選挙翼賛選挙)に非推薦で立候補するが落選。1943年八幡浜市市議会議長を務める。1946年、第22回衆議院議員総選挙日本自由党公認で立候補し初当選する。その後は民主自由党自由党日本民主党に属し、保守合同後は自由民主党佐藤派・田中派に所属。その間1949年、佐瀬昌三の推薦により、衆議院両院法規委員長に当選。1969年には勲一等瑞宝章を受章。1975年には八幡浜市名誉市民となる。