スマートフォン用の表示で見る

高橋久信

マンガ

高橋久信

たかはしひさのぶ

井上雄彦氏の漫画「リアル」の主人公のひとり。

突然の交通事故により高校生活を断念する悩める身体障害者

かつての西高バスケキャプテン

リアル 3 (Young jump comics)

リアル 3 (Young jump comics)

口癖「〜ランク」「底辺」

自称「Aランク」の価値観は、母親の影響とみられる。

小学生4年の時、両親が離婚、母子家庭で育つ。父親は脱サラ陶芸家

誕生日 7月18日。

身長180cmほど。くちびる薄い。バスケは割りと上手い。(2巻67P)

得意技は父親ゆずりのレッグスルーからのジャンプシュート。

彼女は本城ふみか、入院の際、肉親以外で2回以上見舞いに訪れたのは彼女と野宮だけである。

同級生でチームメイトだった野宮朋美を「暑苦しい」と嫌う。

が、1500m走で野宮を抜く夢をみるなど、意識している。

高校3年の下校時、自転車泥棒をおこない、前方不注意とびだしにより、トラックに跳ねられる。

脊髄損傷のため車イス生活を余儀なくされ、Aランク→Eランク

「歩けなくなったら俺はもう終りだ…俺は終わったんだよ!!」と自暴自棄になる。

セキソンは胸椎の7番、歩行はおろか立つこともままならない。

リハビリセンターでPT石崎先生、花咲クン、レスラー白鳥と出会い変わり始める。

もうひとりの主人公・戸川清春とは、体育館を賭けたバスケ試合いらい会っていない。

高橋久信に対する人物評

野宮からは「手抜きの名人」と評される。

「歩けなくなったから底辺なんじゃねえ!それ以前から底辺だおめえは!!」とも。

担任教師・北原「高橋君、成績もトップクラスだし退学はもったいない」(25th)。

担当医師は「奥さんと久信君は、よおーく似とる、まとう空気が同じ」(31st)。

父親からは「母さんに似てるな…ハンサムだ…」(16th)。

「実に的確かつ効果的な嫌味を言うな、そんな才があったとは…」(34th)皮肉屋の一面も。

ナース小林「ちょーっとだけモテる男は女性への気配りを知らない」(18th)。

事故より半年後「ナマイキで困りますよ、すぐランクがどーのこーの」(25th)。

石崎先生は「やる気のない人間がいると、やる気のある人間の害になる」

花咲クンは「プライドめちゃ高そうだもんなあ」

少年バスケのコーチ「1つのことをコツコツ努力し続けられること、君のいいところ」とかつて思わせた(47th)。