スマートフォン用の表示で見る

高橋祥子

キーワードの候補

2件

一般

高橋祥子

たかはしさちこ

著名人で同姓同名の方が多数居られますので、検索して調べる場合は検索相手の職業を入力して検索して下さい。

裁判官 高橋祥子

 静岡地裁裁判官沼津地裁の支部長。

 ウェブ上では法律的に死刑判決が妥当な事件の被告を無罪同然の無期懲役と判断したり、存在しない婦女暴行事件の裁判の際に全く無関係の一般市民を捕まえその人間を有罪にしたりと、法治社会において全く存在する余地の無い判決を発生させている事で、非常に知名度がある。

 

 2005年頃一時的にヨーロッパウェブ上で話題に挙がった事があり、上記のような判決を例にあげ「中国共産党政権における、人権弾圧と等しい全く法が存在し得ない裁判」と揶揄された事もある。

 

話題となった判決判例

 静岡県沼津市で2000年4月、ストーカー行為を繰り返した末、生きている女子高生の顔を滅多刺しして開腹した腹部に灯油をかけて火をつけ殺害したとし、殺人罪などに問われ死刑求刑された平栗秀正被告判決公判で、静岡地裁沼津支部の高橋祥子裁判長は、「残虐かつ凄惨(せいさん)な犯行だが、計画性はなく、被告に矯正の余地は残されている」として無期懲役を言い渡した。

 検察側は「極めて遺憾だ」との談話を発表。控訴の方向とみられる。

話題となった判決の事例2

 静岡県御殿場市で2002年9月、警察が婦女暴行を受けたと警察に通報した。

 この事件は後にウェブ上で御殿場事件と称され取り上げられる事となり、当時未成年の青年複数名が警察に逮捕された。

 その後の物証確認で、婦女暴行を受けたとされる女子高生にその状況を証明する物的証拠が無い物と、電話での連絡記録の不都合逮捕された青年にアリバイが存在しており、当時の事件現場へ存在する事が不可能である事例等があるにも関わらず、被告青年が犯罪を犯したと言う判決を行い有罪を認定した。

 


 上記以外にも複数の不可解な事件の事例が散文されるが、同裁判官沼津地裁裁判長となってから六法に則さない判決事例が数多く散見されるとのコメントが数多い。

 詳細な事例とコメントについては各自に検索していただくとして、この項はウェブ上で求められる代表的事例のみを挙げる事で留めたい。

目次

読書

高橋祥子

たかはしさちこ

著名人で同姓同名の方が多数居られますので、検索して調べる場合は検索相手の職業を入力して検索して下さい。

思春期保健相談士

 小学校低学年などに向けて、性教育ジェンダー問題に関する本を著作する。