高橋泥舟

一般

高橋泥舟

たかはしでいしゅう

1835年〜1903年

幕末期の幕臣。勝海舟らとともに幕末の三舟と呼ばれていた。幕府時代は遊撃隊頭取槍術教授頭取を兼任。大政奉還後は地方奉行などを務め、廃藩置県後は職を辞して東京に隠棲し、書画骨董の鑑定などで後半生を送った。