スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

高橋明

たかはしあきら

60〜70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は50→43→20→14番

1942年5月29日生まれ。山口県出身。

防府高校から1961年読売ジャイアンツに入団。

1962年、一軍に昇格。主力投手として活躍した。

1963年には14勝、翌1964年には12勝を記録。また、2年間で無四球試合10試合を記録。

V9黄金時代に貢献した。

1971年広野功浜村孝との2対3の交換トレードで、田中章梅田邦三と共に西鉄ライオンズに移籍。

主に先発投手として活躍、同年14勝を挙げた。

1972年、現役引退。

防府市に帰郷し、少年野球の指導に力を入れていた。

晩年は横浜市鶴見区に在住。

2006年7月31日、胃がんのため東京都内の病院で逝去。

スポーツ

高橋明

たかはしあきら

プロ野球西鉄ライオンズの選手。

左投左打、ポジションは外野手背番号は53番。

1950年8月29日生まれ。宮崎県出身。

柳川商業高校*1から1969年ドラフト14位で西鉄ライオンズに入団。

同姓同名の高橋明がいたために、スコアボードでは「高橋外」と表記された。

活躍できず、3試合のみの出場にとどまった。

1972年、現役引退。

*1:現在の柳川高校

スポーツ

高橋明

たかはしあきら

JRA騎手

生年月日:1970年7月12日 身長/体重:160 cm/50 kg

血液型/星座:O型蟹座 初免許年:1989年 出身地:福島県 所属:美浦

初騎乗:1989年3月4日2回中山3日3R チヨノスズラン( 12着/ 16頭)

初勝利: 1989年6月11日3回東京8日3R テレグラムサム

1996年マウンテンストーン青葉賞優勝

マンガ

高橋明

たかはしあきら