スマートフォン用の表示で見る

高橋悠治

音楽

高橋悠治

たかはしゆうじ

1938年生まれ。作曲家ピアニストエレクトロニクス。文筆家としても名高い。

amazon:高橋悠治


柴田南雄小倉朗、ヤニス・クセナキスに作曲をまなぶ。1960年代に草月アートセンターで前衛音楽運動に参加し、63-72年まで西ドイツアメリカを中心に現代音楽作曲家ピアニストとして活動。

1970年代には新音楽の季刊誌『トランソニック』を編集。74年に富山妙子?と出会い、以後火種工房?制作のスライド作品すべての音楽を担当。

78年にアジア民衆の抵抗歌をうたう「水牛楽団」をつくり市民集会で演奏するかたわら、月刊誌水牛通信』を発行する。

これまでに詩人藤井貞和、画家富山妙子、三絃奏者高田和子、インドネシアの舞踊家・振り付け師サルドノW.クスモ、タイの生きるための歌の「カラワン」バンドといっしょにしごとをしている。