高橋鐡

読書

高橋鐡

たかはしてつ

1907〜1971 性科学者、性文化研究家。

日本大学心理学部入学。のち、大槻憲二のフロイト学説へ傾注する。

戦後、さまざまな性戯を描いた代表作「あるす・あまとりあ」を発表し、時代の寵児に。あまとりあ社及び雑誌「あまとりあ」の発足に関わる。

その後は、性に悩める人々の「相談」に応じ、また性体験記録をあつめて「生心リポート」として発表したが、猥褻図書として告発され、裁判となるが敗訴した。