高原喜八郎

サイエンス

高原喜八郎

たかはらきはちろう

医師。1927年東京生まれ。1949年東京大学附属医学専門部卒。国立東京第一病院実地修練生終了後、医師免許取得。1958年東京医科歯科大学生化学教室助手・東京医科歯科大学付属病院中央検査部講師等を経て、1966-69年シカゴマイクロリース病院研究員。1960年東京医科歯科大学医学博士。1974年神奈川県立衛生短期大学教授。大東文化学園大東医学技術専門学校校長。日本文化振興会副会長、米国法野口英世記念財団理事千本桜高原クリニック院長、社団法人倫理研究所副参事。専門分野は内科・臨床化学腫瘍マーカー・がんの免疫療法・精神療法。

著書

  • 『「がん」に立ち向かうもう一つの選択肢 超早期発見と総合免疫・精神療法でがんに克つ』現代企画 2002
  • 『がんの超早期発見と末期がんからの生還』光雲社 2002
  • 『「がん」と生活習慣病に「勝つ人」、「負ける人」』現代企画, 2004
  • 『生命の力で、がんに打ち克つ』本の泉社 2006
  • 『甦るかがん末期国日本』ルネッサンス・アイ 2009
  • 倫理に基づく真の医道を目指して』ルネッサンス・アイ 2012
  • 『がん免疫療法の進展が日本を救う 戦前、戦後を歩んだ一医師の足跡』ルネッサンス・アイ 2014

共著編