スマートフォン用の表示で見る

高坂弾正

社会

高坂弾正

こうさかだんじょう

戦国時代の武将。甲斐武田家家臣。

初め春日源助と名乗るが、後に高坂弾正忠昌信と改める。

数々の合戦で活躍し、海津城主となる。

信玄亡き後、勝頼に仕えるが退けられ、失意の内に病死。