高山俊

スポーツ

高山俊

たかやましゅん

プロ野球外野手
1993年4月18日生まれ、千葉県船橋市出身。右投左打。

高の字は、戸籍上は「はしごだか」表記が正式。


日大三高1年秋からレギュラーを務め、3年時には夏の甲子園と秋の国体で二冠を達成。

明治大学へ進学後も1年時から外野のレギュラーに入り、4年秋の東京六大学野球リーグ戦にて、高田繁が作った通算最多安打記録127を更新し、131安打を記録。ベストナインも6回受賞するなど活躍した。


2015年ドラフト会議にて、阪神タイガース東京ヤクルトスワローズが1位指名を行い、抽選の結果阪神が交渉権を得て入団。
背番号は、阪神屈指のアベレージヒッターとして活躍したマット・マートンの退団で空いた9が与えられた。
また、ヤクルト代表として抽選に参加した、当時の監督、真中満の勘違いは、後年でもドラフト会議におけるハプニングとして語り継がれている。

自身のプロ入りと同じく2016年から阪神監督に就いた金本知憲の、若手を育てながら勝つ「超変革」の方針の下で一軍出場機会も多く得られたことで、初年度から134試合出場で494打数136安打を記録。坪井智哉が記録した球団新人野手最多安打記録を更新し、セントラル・リーグ新人王を受賞。阪神の選手全体では2007年の上園啓史以来、阪神野手に限れば、2001年の赤星憲広以来の受賞となった。