スマートフォン用の表示で見る

高山文彦

読書

高山文彦

たかやまふみひこ

作家の高山文彦

1958年宮崎県高千穂生まれ。法政大学文学部中退。95年と98年の2度にわたって「雑誌ジャーナリズム賞・作品賞」を受賞。川端康成に見いだされ、ハンセン病と闘いながら23歳の若さで逝った昭和初期の小説家北条民雄を描いた『火花』で、2000年、大宅壮一ノンフィクション賞講談社ノンフィクション賞をダブル受賞。いま最も注目されている作家である。(以上『鬼降る森』のプロフィールより転載)

作品はノンフィクションが中心。長渕剛のCDのライナーノーツを書いたりもした。

著作