高山龍三

読書

高山龍三

たかやまりゅうぞう

文化人類学者。1929年大阪生まれ。

大阪市立大学・同大学院卒、東京工業大学東海大学大阪工業大学教授を経て、現在京都文教大学文化人類学科教授。1958年以来ネパール、西および南アジア、ボルネオのフィールドワーク

河口慧海の研究でも知られ、講談社学術文庫の慧海の「チベット旅行記」の校閲担当。また、2004年に新たに発見された慧海の日記の研究。他、複数の慧海研究本を刊行している。チベット文化研究会副会長。