スマートフォン用の表示で見る

高松宮

一般

高松宮

たかまつのみや

一般的には、昭和天皇の弟君にあたる高松宮宣仁(のぶひと)親王、及び同親王妃喜久子(きくこ)からなる宮家を指す。


高松宮宣仁

親王。 称号 光宮(てるのみや)  

明治38年(西暦1905年)1月3日 - 昭和62年1987年)2月3日)

大正天皇の第三皇子で、昭和天皇の同母弟。

母は貞明皇后大勲位功四級。海軍大佐。

子はない。


同妃とのご成婚は昭和5年2月4日


高松宮妃喜久子

印 撫子

1911年明治44年)12月26日 - 平成16年(2004年)12月18日)

徳川慶久と有栖川宮実枝子女王の第二女子。

旧姓徳川喜久子。徳川15代将軍・徳川慶喜の孫、また有栖川宮威仁親王の孫にあたる。


高松宮

皇室宮家と呼ばれる、直宮家の一つ。

祖は鎌倉時代高松宮直久(1203−1249)と古い歴史を持つ。

有栖川宮の流れを汲む、現在の高松宮と区別することが多い。

江戸時代に2度の断絶があるが、大正天皇の特旨によって再興した。

平成16年高松宮親王妃喜久子の薨去によって、消滅した。