高松太郎

一般

高松太郎

たかまつたろう

高松太郎(たかまつたろう)後、坂本 直に改名

坂本 直(さかもと なお、天保13年11月1日(1842年12月2日) - 明治31年(1898年)11月7日)は、武士・海援隊隊士。坂本龍馬の甥であり、龍馬暗殺後は家督を継いだ。

志士としての活躍

天保13年(1842年)に土佐藩郷士、高松順蔵と母・千鶴龍馬の実の姉)の長男として生まれる。

19歳の時九州に修行の旅に出る。旅先で武市半平太に出会い、それがきっかけで土佐勤王党に加盟し、尊皇攘夷運動を始めるが、その後叔父の龍馬の紹介で開国派の幕臣勝海舟の弟子となる。

神戸海軍操練所で航海術を習うが、八月十八日の政変の影響で土佐勤王党弾圧されると、文久3年(1863年)に脱藩。その後、一時薩摩藩に匿われるが、龍馬陸奥宗光らと長崎亀山社中(後の海援隊)を結成する。士官として長州藩ユニオン号を購入するなど活躍する。

維新後

王政復古後、函舘裁判所判事として函館に赴任するが、旧幕府軍が函館に侵攻してくると清水谷公考総督らとともに青森に撤退する。維新後、宮内省に出仕したが早々に退職。 その後、明治4年(1871年)8月、暗殺された龍馬家督を継ぎ、朝廷から永世十五人扶持を給せられ、名を坂本直と改める。晩年は弟の坂本直寛宅に住む。キリスト教徒となり、暗殺犯とされる今井信郎を法要に招いたりした。明治31年(1898年)、病気のため57歳で死去。