高杉一郎

読書

高杉一郎

たかすぎいちろう

1908〜2008 静岡県生まれ。評論家、翻訳家

東京文理科大学英文科卒。改造社編集部で中条百合子の作品などを担当する。1944年応召、ハルビンで敗戦を迎える。

その後、4年間、シベリア捕虜収容所で抑留生活を送り、帰国後の50年に「極光のかげに」を発表。過酷なスターリン体制下に生きる民衆をリアルに描き、ベストセラーとなった。だが、そのスターリン体制批判が、当時の日本の左翼陣営からは、激しく批判された。

その後、静岡大学教授、和光大学教授を歴任。


また、学生時代からエスペラントを学び、ロシア出身の盲目のエスペラント詩人エロシェンコの全集の翻訳も行った。

他の著書に「スターリン体験」など。児童文学の翻訳書として、名作とされるフィリパ・ピアス「トムは真夜中の庭で」など。