高僧和讃

一般

高僧和讃

こうそうわさん

日本の鎌倉時代の僧の親鸞の著書。1248年頃の著作と言われる。全部で119首の和讃で構成される。親鸞が選定した「七高僧」を讃える内容となっている。