スマートフォン用の表示で見る

高村智恵子

アート

高村智恵子

たかむらちえこ

:芸術家

たかむら・ちえこ(1886-1938) 洋画家。旧姓長沼智恵子

彫刻家・詩人高村光太郎の妻。

1886年明治19年)5月20日、福島県安達郡油井村字漆原(現在、二本松市油井)の酒造業斎藤今朝吉(のちに長沼家に養子に入り、長沼)、センの長女として出生。

1903年(明治36年)4月、日本女子大学校に入学。油絵に興味を持つようになり、1907年(明治40年)大学を卒業するが帰郷せず、当時では珍しい女性洋画家の道を選んで両親を説得して東京に残り、太平洋画会研究所に学ぶ。

1911年明治44年)創刊の平塚らいてうらの婦人運動の雑誌『青鞜』の表紙絵を描くなど、若き女性芸術家として人々に注目されていた。同年、柳八重?の紹介によって光太郎と出会い、1914年(大正3年)に結婚。しかし光太郎との金銭的に苦しい窮乏生活、自身の病弱、生家長沼家の父の死と没落・破産・一家離散など心労が多く、のち、精神を病んでゼームス坂病院に入院。病室で多数の紙絵を生み出した。1938年(昭和13年)10日5日、久しく病んでいた粟粒性肺結核のため死去。享年52歳。

智恵子の死後の1941年、光太郎は詩集智恵子抄』を刊行した。