スマートフォン用の表示で見る

高知白バイ事件

社会

高知白バイ事件

こうちしろばいじけん

2006年3月3日、高知県春野町の国道でスクールバス高知県警白バイが衝突し、白バイ隊員が死亡した事件。

スクールバスの運転手・片岡晴彦が逮捕され、禁固1年4カ月の実刑となり、2010年2月に出所した。

バスに乗車していた多数の生徒および複数の目撃者の証言によると、片岡は無実である可能性が極めて高い。

検察および警察による証拠の捏造が疑われているにも関わらず、それらを裁判所は証拠として採用した。