スマートフォン用の表示で見る

高天神城

地理

高天神城

たかてんじんじょう

遠江高天神城

当初は今川氏が領したが、後、徳川氏のものとなる。

堅固な山城武田信玄の攻撃にも耐える。

1574年(天正2年)に武田勝頼により落城*1

武田氏遠江における拠点となったが、長篠合戦で武田氏が退勢に転じたことで家康は奪回に乗り出し、ついに1581年(天正9年)に陥落。以後、廃城となる。

*1家康信長からの救援軍と後詰めに向かおうとしたが失敗。が、落城後に織田軍は伊勢長島の一向一揆を壊滅させ、戦略状況を転換することに成功。翌年の長篠の伏線となる