スマートフォン用の表示で見る

高田繁

スポーツ

高田繁

たかだしげる

プロ野球選手・指導者。通称「壁際の魔術師」。

右投右打、ポジションは外野手内野手背番号は8番。


1945年7月24日生まれ。大阪府出身。

華商業高校で1961年尾崎行雄と共に夏の甲子園に出場。

卒業後、明治大学に進学。1年次より活躍し、7期連続ベストナインを受賞。通算127安打東京六大学野球リーグ記録を樹立。

1968年ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

1年目より外野手として出場、新人王を受賞。

2番打者としてジャイアンツのV9黄金時代を支えた。

守備に関しても卓越した技術を持ち、「壁際の魔術師」と呼ばれた。

1975年三塁手に転向。

1980年、現役引退。

1981年、NHK野球解説者となる。

1985年日本ハム・ファイターズの監督に就任。

1989年、退団。

1996年、読売ジャイアンツの一軍守備・走塁コーチに就任。

1998年、同球団二軍監督に就任。

2002年、ラジオ日本の解説者を務める。また、マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手としても活躍。

2005年、北海道日本ハムファイターズゼネラルマネージャーGM)に就任。見事な手腕を発揮し、チームを強豪にのし上げた。

2008年、東京ヤクルトスワローズの2代目監督に就任する。

2010年 シーズン開幕からの不振により電撃退任し、当時ヘッドコーチだった小川淳司監督代行となる。

現在はDeNA球団初代GMに就任している。