スマートフォン用の表示で見る

地理

高島町

たかしまちょう

滋賀県高島郡高島町は、かつて滋賀県西部に存在した町。

面積は63.20km²。

2005年1月1日、安曇川町新旭町今津町マキノ町朽木村新設合併して、市制施行し、高島市が発足。

沿革

1889年4月1日、町村制施行により高島郡大溝村・高島村・水尾村が誕生。

1902年1月1日、大溝村が町制施行し大溝町となる。

1943年4月29日、大溝町・高島村・水尾村が合併高島町が発足。

1956年9月30日、滋賀志賀町の一部を編入。

2005年1月1日、安曇川町新旭町今津町マキノ町朽木村合併して市制施行高島市となった。

地理

高島町

たかしまちょう

長崎県にかつて存在した地方自治体

高島と端島からなり、日本でもっとも狭い町*1として有名だった。

端島は「軍艦島」として有名である。閉山後、長らく上陸が禁止されていたが、長崎市が整備を行い、2009年から専用のツアー客に限り上陸が認められるようになった。

2005年1月4日、周辺5町とともに長崎市に編入された。

*1:面積1.33平方キロメートル

地理

高島町

たかしまちょう

地理

高島町

たかしまちょう

地理

高島町

たかしまちょう

地理

高島町

たかしまちょう

地理

高島町

たかしまちょう

地理

高島町

たかしままち

地理

高島町

たかしままち

地理

高島町

たかじまちょう

地理

高島町

たかしままち