スマートフォン用の表示で見る

高等遊民

一般

高等遊民

こうとうゆうみん

高等教育を受けていながら、経済的に不自由が無いため会社員などになって働かないもののこと。

概要

主に明治時代から昭和初期の近代戦前期にかけて、一流の大学を卒業したにも関わらず、自由気ままに定職につかず暮らすものに対して使われた。夏目漱石造語であり、作中にしばしば用いられている。


それから (新潮文庫)

それから (新潮文庫)

こころ (集英社文庫)

こころ (集英社文庫)